EDとはどういうものか?

EDというのはErectile Dysfunctionといってその頭文字をとった略称です。

日本語に訳すと勃起障害や勃起不全となります。

勃起障害や勃起不全とはどの様な症状なのでしょうか?

EDかもしれないという自己診断項目がいくつかあります。

まず、一つ目は勃起するまでに時間がかかること、

二つ目は勃起している時間が持続できないこと、

三つ目は勃起をしても性行為中に立たなくなってしまう、

四つ目は性行為をしても不満足である、

五つ目は体調などで勃起しないときがある、

六つ目は朝起きた時に勃起していないなどです。

このチェック項目がいくつチェックされるかでEDの可能性があります。

そもそも勃起とはどういう仕組みになっているのかといえば、反射性勃起といって性器を刺激することで起こるものと、中枢性勃起といって視覚や聴覚などから脳が刺激されて起こるものがあります。

ただし、どちらの勃起であっても副交感神経からNOが放出されます。

このNOの放出はcGMPという物質を増加させ、cGMPの作用で平滑筋がゆるみ、血液が流れ込みます。

この血液が流れ込んだ状態を勃起と言います。

勃起をすると、更に血管からNOが放出されるため、勃起は一瞬で終わるのではなく、一定時間継続することになります。

このことからわかる様に、性器の刺激においても、脳の刺激においても、NOがどれくらい分泌されるかということが勃起と深く関係があるということがわかります。

参照サイト:http://drtamimi.net/